ベッドテーブルにより完成した完璧なシステム

かねてより、ベッドで背をもたらせかけながらノートPCを操りたいと思っていた。椅子と机では、どうしても背を伸ばさなければならない場面が出てくる。それが健康なのだと主張する人もいるだろうが、私は自律神経が壊れている影響で、背を伸ばしたままでいると胸が痛くなってくるのだ。可能な限りリラックスせねばならない。

そこで、ベッドテーブルを購入することにした。購入したのは、SAIJIというメーカーの製品である。高さ調節と角度調節ができ、しまう際は折り畳める。ノートPCが滑り落ちるのを防ぐためのストッパーもついている。

実際に使ってみると、予想以上に快適だった。明らかに椅子よりもストレスが少ない。ベッドの上で作業しているため、疲れてきたら、そのまま手を止めて休むことができる。完璧なシステムが誕生してしまったと感じた。

ただ、マウスだけは床(ベッド)に置いたほうが楽だったので、マウス操作の場所としてマウスパッドを追加購入した。これでタイピングしていないときは、腕を下げたままでいられる。完璧がさらに完璧になった。

ベッドテーブルにより完成した完璧なシステム、それは人間にリラックス感を与えてくれたのだ。